俺のフレンチのビジネスモデルについて

俺のフレンチのビジネスモデルについて

2013年、新しく開店した飲食店の中で一際目立っているモノがありました。
それはブックオフの創業者である坂本孝が競争が激しい外食産業に参入し、俺のフレンチという新しい店を構えた事でした。

 

俺のフレンチは名前の通り、フレンチレストランの事ですが、他の店舗と違うのは立ち食いによる経営モデルになっていたことです。
立ち食いのメリットは座るのと比べ、客がその場にいる時間帯が減る為、店の回転率を上げる形になっている事です。
しかしそれは飲食店の魅力であるくつろぐという概念に反したサービスである為、
立ち食いそばや駅やデパ地下など人通りの多い所でしか通じない戦法とされていました。

 

しかし、フレンチなどの高級食材を扱う店舗においては、高級食材を扱うのに、
近年の不景気により安価な値段で食事を提供するスタイルが定着した為、
調理人とっては十分な食材でメニューを考えられない問題を抱えていました。
そこに一石を投じたのが、回転率を上げ、客の多さで収益を上げる方法でした。

 

この方法により従来のフレンチレストランと比べ、同じ値段でかつ原材料を低くして食事を提供できるサービスが確立し、
高級食材を扱うフレンチレストランの常識を覆る形になりました。また創業者である坂本孝は教育に関して徹底した考え方である為、
調理師にとっては自分の腕を振るえる場所として注目を集めており、
今後、フレンチ業界などの高級料理店の経営に大きな影響を及ぼすと思われます。

 

ピラティス教室 東京|ピラティスアライアンス インストラクター養成コース
ピラティススタイル銀座|ピラティスって誰にでもできる、効果が出る!

 

俺のフレンチのビジネスモデルについて