バターへの執着心がフレンチの特徴なのかもしれません

バターへの執着心がフレンチの特徴なのかもしれません

以前食べに行ったフレンチレストランでとても印象深かったメニューがあります。
それはパン、ではなくパンにつけるバターです。
けしてメイン料理にはならないものの、パンがおいしいかどうかはフレンチを楽しむならとても重要なことです。

 

そこは日本人シェフがオーナーのれっきとした日本にあるフレンチレストラン。
それほど頻繁ではないものの、フランスでも日本でも何度かは食べたことのある本格的なフランス料理のコースです。
しかしそれまであまり記憶に残ったパンはありませんでした。

 

パンはいたって普通だったと思います。
そのまま食べてそれほど感動はありませんでしたし、多分評価の高いブーランジュリーの方が幾分上のレベルを味わえると思いました。
ただバターをつけるとまったく別物になります。

 

それは見た目にはわかりませんでした。
何か混ぜてるんじゃないかというのが同行した友人の感想でした。
あまりにパンが進むのでお腹いっぱいお代わりしましたが、デザートを頂いてる時に挨拶に来られたシェフに伺ってみたところ、
バターにくるみのオイルをブレンドしているとの話でした。

 

言われてみればそんな印象です。
どんな店でもそういった工夫をされているのかもしれませんが、とてもおいしい記憶として残りました。
シェフ曰く、若い頃修行したボルドーではポピュラーな味なのだそうです。
それまではおいしいバターはどこのだろうとバターのブランドばかり考えていましたが、そんな使い方もできるのは知りませんでした。